女性高収入アルバイト求人情報

閉じる
どんなお仕事が良いですか?

まずは気になる業種をクリック!

美容師が…ガックリ!「パーマ&カラーがすぐ取れる人」残念行動5つ
美容師が…ガックリ!「パーマ&カラーがすぐ取れる人」残念行動5つ

外国人風のアッシュカラーや無造作風のパーマなど、簡単に雰囲気を変えることができるヘアカラーやパーマ。髪の長さを変えることなくイメチェンできるので、気分転換にもなりますよね。しかし、せっかくキレイにしてもらえたのに「半月も経たないうちに元に戻った」「カラーが褪せてしまった」なんて経験はありませんか? イベントに合わせて仕上げたNEWヘアも、イベント当日まで持たなかったら悲しいですよね……。カラーやパーマの仕上がりを、なるべく長く保つにはどうすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、某人気サロンのスタイリストSさんに、カラー&パーマがとれやすい人のNG習慣を伺いました。


■NG1:トリートメントはタイミングが大事

なんと、髪に良いとされるトリートメントも、タイミングによっては髪が傷む原因になることがあるそうです。

Sさん曰く「補修系トリートメントは、カラーやパーマの強い薬剤を、髪の中に残したまま表面をコーティングしてしまいます。髪の表面は手触りが良くなりますが、髪の内部は髪がボロボロになっている可能性があるのです。トリートメントを美容室で行うタイミングは、ヘアカットの時やリタッチカラー(根元染)の時に行うのがおすすめです」とのこと。

髪が傷むことでキューティクルが剥がれると、そこから色味が抜けてしまったり、パーマが馴染むことなくとれはじめてしまうそう。カラーやパーマをした直後のトリートメントケアも避けた方が無難かもしれません。


■NG2:3日間は頭を洗わない!?

美容室でパーマやカラーをした日は「今日は髪を洗わないでください」と言われますよね? これは、カラー剤やパーマ液を髪に定着させるための時間です。しかし、その日は洗うことがなくても、次の日の朝には洗ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

Sさんによると、パーマやカラーの液が定着するまでには最低24時間。完璧に定着させるには約4日~1週間もかかるそう。次の日からしっかりとシャンプーをしてしまうと、せっかくの施術が元通りになるのを早めてしまうようです。しかし、さすがに何日も頭を洗わないのは難しいですよね。次の日はお湯で汚れを流すだけ、3日目はリンスだけと、3日間洗うのを我慢するだけでもかなり持ちが違うそうですよ。

 

■NG3:1週間は刺激を与えない

「パーマもカラーも刺激に弱いです。特に液が定着するまでの1週間は、熱にも気を付けましょう。シャワーは38度を目安にしたぬるま湯に、ドライヤーは髪の一部分だけに当たらないよう、10cm以上離して当てましょう」とのこと。

パーマをかけた場合は決して引っ張らずに、パーマの形に合わせて、カールをつくりながら乾かすとウェーブが長持ちするそうですよ。


■NG4:紫外線にはまだまだ気を付ける

シミやそばかすの原因となる紫外線。しっかりと髪まで予防をしていますか? 「紫外線は肌だけでなく、髪の毛にも大きく影響を及ぼします。紫外線によって髪の毛が傷むと、キューティクルが剥がれて開いてしまうので、カラーやパーマがとれやすくなってしまうんです。これからの季節は、夏ほど紫外線も気にならなくなりますが、体のてっぺんにある髪は、1年中紫外線を浴びています。日差しの強い日は、紫外線対策を髪の毛まで行うことで、持ちが変ってきますよ」と教えてもらいました。

髪に日焼け止めをつけるのに抵抗がある方は、日傘でも十分防ぐことができます。

 

■NG5:シャンプーの成分が何より肝心

「やはり、毎日行うシャンプーの洗浄成分は1番髪に影響があります。特に、洗浄力の強い、ラウレス硫酸Na、ラウリン硫酸Na、オレフィンスルホン酸Naなどの界面活性剤には要注意。洗浄力の強いシャンプーで毎日ゴシゴシ洗ってしまうと、あっという間に元通り、なんてことも起こりえます……。カラーやパーマを長持ちさせたい場合は、ボトルの裏を確認し、成分を見てみるのも大切」とのこと。

界面活性剤が全面的に悪いというわけではありません。中には、界面活性剤が入っていないと肌に合わないという方もいます。ヘアスタイルや肌質に合うシャンプーを探してみるのが良いですね。

 

以上、カラー&パーマがとれやすい人のNG習慣を5つご紹介しました。せっかく美容院にいってキレイにしたからには、1日でも長くキレイな状態をキープしたいですよね。勝負は液が定着するまでの1週間です。この1週間は特に気を配り、上記のヘアケアを行ってみてくださいね。

http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20160916/Biranger_238583.html

誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?
今すぐ相談する
お役立ちコラム
働くエリアで選ぶ
業種で選ぶ
時給で選ぶ

メールでお問い合わせ お電話でお問い合わせ

(C)女性高収入バイトsupport