女性高収入アルバイト求人情報

閉じる
どんなお仕事が良いですか?

まずは気になる業種をクリック!

STD(性病・性感染症)の予防方法について正しく知ろう!
STD(性病・性感染症)の予防方法について正しく知ろう!
風俗のお仕事をしている女性にも、そうでない女性にも、STD(性病・性感染症)に感染するリスクはあります。
デリケートな問題なため、なかなか人に言いづらかったりするかもしれませんが、感染したまま放っておくのは絶対にNG。

今回は、STD(性病・性感染症)の予防方法をご紹介します!


①必ずコンドームを使用する
確実な予防法は、「性行為の時にコンドームを使用すること」です。
コンドームは避妊だけでなく、STDの感染予防にも効果があります。
セックスのときはもちろん、オーラルセックスやアナルセックスの場合も必ず使用してください。
コンドームによる性交痛を感じる女性は、女性に優しいゼリー付きのタイプなども販売されているのでチェックしてみてください。
オーラルセックス用のコンドームも販売されていますよ。

ただし、コンドームでは完全に予防できないSTDもあります。
(例えば、梅毒や尖圭コンジローマなど)

また、コンドームは正しく使用することが大事です。
できれば性交渉が始まったときからコンドームを装着しておくことが理想ですが、それを実行しているカップルなどは少ないのではないでしょうか。


②セックスの前後にシャワーを浴びる
デート中に盛り上がって、シャワーを浴びずにそのまま…という経験がある女性は多いのではないでしょうか。
実はこれはとても危険な行為。
性器だけでなく、人の皮膚や口の中には様々な病原菌が付着しています。
洗っていない手で女性のデリケートゾーンに触ってしまうと、性病だけでなく膣炎などを引き起こす可能性もあります。

セックスの前後には必ずシャワーを浴びるようにしましょう。
歯磨きもできるとかなり予防効果は高まります。
ただし、歯磨きをする際は出血がないように注意しましょう。


③性器を傷つけないようにする
伸びた爪で性器に触ったり、アダルトグッズの使用により性器の粘膜が傷ついてしまう場合があります。
傷付いた場所から病原菌が侵入したり、血液を通して感染する可能性がありますので、十分に気を付けてもらいましょう。

また、お客さんにいわゆるガシマンをされた場合は、痛いということをはっきりと伝えましょう。
それでもわかってくれないお客さんにはローションを使ったり、自分から責めてみたりなど工夫してみてください。
ときにはお店のスタッフさんに相談してくださいね。


④生理中はセックスをしない
生理中の性器はとてもデリケートで傷つきやすいです。
生理中は生理休暇を貰って、ゆっくり身体を休めてください!


⑤検査を受けてみる
風俗のお仕事をしている女性はもちろん、そうでない女性も、定期的に検査を受けるようにしましょう。
最低でも、セックスのパートナーが変わったタイミングで受けるようにしましょう。


STD(性病・性感染症)は自分ひとりだけの問題ではありません。
正しく予防して、自分やパートナー、お客さんのことも守りましょう!
誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?
今すぐ相談する
お役立ちコラム
働くエリアで選ぶ
業種で選ぶ
時給で選ぶ

メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ

(C)女性高収入バイトsupport